私たちのサークルは、別名“箏曲部(そうきょくぶ)”と言い、職場の有志によって誕生した“和楽器・琴”のサークルでした。しかし、私管理人きうちは途中入部なので、サークルがいつ頃誕生したのかは定かでありません。私の知る限りでは、歴代部長によって以下のような年代分けができます。(2017.1.22更新)

部長年代 主な練習内容 主な出来事
ながた期
(2003〜)
・きうちの編曲楽譜の練習 ・管理人、小田原に再々転勤(2016.4)
ステージ衣装?を統一(2016.2)
第30回目のボランティア演奏会を開催(2014.6)
・HP「箏曲部」閉鎖(2014.3)
・管理人、東京に最転勤(2013.4)
管理人、再び小田原に転勤(2012.4)
「琴ボランティア演奏」Facebookページを開設(2012.1)
職場からの依頼で創立記念演奏会を実施(2011.11)
ほっしー入部(2011.7)
『音楽文化の創造』に管理人の執筆記事が掲載(2011.7)
部長ながたの愛娘が琴で参加(2011.6)
・東日本大震災でサークル活動に支障(2011.3)
ボランティア演奏活動が20回目を達成(2009.8)
・HP「箏曲部」から分離し、もとのサークル紹介ページに(2008.6)
管理人、『邦楽ジャーナル』に載る(2007.9)
かない、なかたに入部(2005.12)
日中友好歓迎演奏会開催(2005.4)
にっしー姉妹なかむら先輩参加(2004.10)
・部長を ながたに交代(2003.1)
あおき期
(1993〜2003)
・初歩的な楽曲の練習
・きうちの編曲楽譜の練習
演奏会に子供たち参加(2001.6)
バイオリンのさかきばら参加(2000.12)
ボランティア演奏活動開始(1999.5)以後、活動スタイルが定着
FM神戸に出演(1999.1)
琴サークル発表会開始(1997.6)
・HP「箏曲部」開設、サークル活動をネットで紹介(1996.10)
・きうち、東京に転勤しサークルに復帰(1995.10)
・ほんだ等の新メンバーが続々入部
・人事異動により退部者が続出
・第1回お弾き初め開催(1995.1)
きうちが独自の編曲楽譜を小田原から提供
・ながた入部(1994.1)
はこもり期
(〜1993)
・「さくら」「荒城の月」など
 初歩的な楽曲の練習
・人事異動により、きうち小田原に転勤(1993.12)
・人事異動により、部長を あおきに交代
・各種地域イベントの参加
・あおき、きうち入部(1990)


写真は1993年の地域イベントに参加したときのものです。当時のサークルは演奏を披露する場所も機会もありません。そのため、他の洋楽器を交えてバンド・スタイルで演奏しました。

当時から変っていないのは、楽曲の編曲を私管理人が担当していたことです。琴、フルート、エレキギター、エレキベース、キーボード、ドラムスなどの編曲楽譜をすべて手書きで作成していたので、とても大変な作業だった思い出があります。


1995年の「お弾き初め」の時の写真で、私管理人も痩せていて若いです(笑)。この当時は神奈川県の小田原市に勤務していましたが、この日は「お弾き初め」のために参加しました。

当時の部長は あおきさん(写真右)でした。あおきさんも私管理人もまったく琴ついて知りません。そんな状態で手探りでサークルを細々と運営していました。上の年表のように、“部長あおき期”で現在のサークルが形作られたと言えます。

写真左は、私管理人の知る最初の部長の はこもりさん。山田流の琴を習っていた経験もあり、当時は彼女から教えて頂いてました。しかし、人事異動のちに退社されました。

右の写真は既に退部された方々。皆さん人事異動や退社にもとなってサークルを去られました。これも職場サークルゆえの辛さですが、幾多のメンバーチェンジにもめげずに今も尚頑張っている次第です。

また、当時は内々でのイベントも気分を大切にしていました。左右の写真はそのときに作った式次第です。

やはり、職場サークルと言えども、その時折に合った目標をもって取り組むことが大切だということを、あらためて感じますね。


その後1996年、職場サークルがインターネット上にHP「箏曲部」を開設したことにより、全国からたくさんの激励を受けて今も活動を続けております。

サークル活動に関する情報は2008年6月にはHP「箏曲部」から現在のHP「私の音楽室」に移行しましたが、今後も私たちの身の丈にあった活動を展開して行きたいとおもっております。拙いサークルではありますが、何卒よろしくお願い致します♪(なお、HP「箏曲部」は2014年3月に閉鎖しました。)


琴サークル日誌

活動内容

メンバー紹介

活動の始まり

ボランティア演奏会

琴サークル発表会

イベント実績

レパートリー


前のページに戻る