かしわハート大使


2021年3月15日(月) 21:59
河津桜は見逃しましたが

 高齢者の体調は悪くなったり良くなったり、まるでジェットコースターのような目まぐるしさ。日毎時間毎に変化します。毎年、近所に咲く河津桜を父と母を連れて観に行きましたが、残念ながら今年は行けませんでした。そんな父の体力は日々衰えています。
 しかし優しい孫たちにも恵まれ、そして最晩年ではありましたが、イラストレーターとしても世界史に足跡を残すことができました。父は十分に人生の花を咲かせたといっても過言ではありません。

2021年2月28日(日) 13:20
緊急事態宣言も間もなく・・・

 新型コロナウイルスは、若者にはタダの風邪でも、高齢者にとっては致死率が高いといわれています。もちろん、他の感染症も同じこと。これまでも両親には、インフルエンザ・ワクチンや肺炎球菌ワクチンを積極的に接種させてきました。その甲斐あってか、両親ともにそれぞれの親戚で最高長寿を更新中です。
 拒食が続いた父も、母の介助でようやく少しずつ食べられるようになりました。今後私の在宅ワークが無くなると、母への負担が心配です… ともあれ、父のベッドに柏神社のアマビエシールを貼りました(笑)。アマビエ様、私の留守中、どうか家族をお守り下さい☆

2021年2月14日(日) 11:47
なでなで猫ちゃん

 2月8日から緊急事態宣言が延長となり、家にいる時間が多くなったぶん介護にかけられる時間も増えました。母は 私がずっと家にいてほしいようです・・・
 目を覚ましたときに退屈しないように、デジタル・フォトフレームも購入しました。母との旅の思い出が次々とスライドショー表示されます。「なでなで猫ちゃん」も気に入ってくれたようです。撫でるとニャーとかゴロゴロと鳴きます、ほんとの猫じゃないけどスッゴク喜んでくれました☆
 父の知人からお手紙や贈り物も届くので、最近は私が父に代わってご返事しています。こんな日がしばらく続きますが、今週は寒暖差も激しいそうなので、私自身も体調を崩さないように気をつけたいと思います。

2021年2月14日(日) 11:22
オンライン講演

 2月4日。シンポジウムの依頼講演が無事終了しました・・・と、いってもオンライン講演なので、聴講された皆さんの反応がイマイチわかりません(苦笑)しかし、ネットの利点は“全国規模”のライブ配信なので、主催者側としてはコストパフォーマンスが良いかもしれません。今後はこうした催しが増えるのでしょうね。
 ちなみに、緊急事態宣言下なので「ご苦労様会」も無く、早々に家路に着いております。この日はサラリーマンたちの帰宅時間と重なりましたが、それなりに出勤されているのもわかりました。とりあえずホッとしました。

2021年1月31日(日) 12:34
夜8時までのシンデレラ

 夜8時までのシンデレラ☆ 営業時間が決められているので、そんな心境の食事でした。
緊急事態宣言に父の緊急入院。落ち着かない今月でしたが、昨夜はちょっと遅い誕生日祝いをしてもらえて凄く嬉しかったです♪
 ここ最近はいろんなことで疲れてましたが、美味しい食事で元気になりました。コロナ禍だけど…ちょっとだけならいいですよね(苦笑)

2021年1月27日(水) 20:28
まぼろしのオリンピック?

 東京五輪の中止論がにわかに盛り上がってきたのを受け、“幻のオリンピック”のグッズ争奪戦が始まる前に、姉が母にTOKYO2020のピンバッジをプレゼントしてくれました(笑)
 アスリートの皆さんには本当に申し訳ないと思いますが、今の状況ではどう考えても無理でしょう。それに、体の弱った高齢者を扶養する私としても、可能な限り感染リスクを抑えてほしいと願っています。

2021年1月17日(日) 15:17
退院

 救急搬送から12日目。予想外の短期間で父が退院できました。父の友人から頂いた啓翁桜は満開でした。とはいえ、私たち家族にとっては本当に長く感じる日々でしたが、病院スタッフの皆さん、救急隊員の皆さん、訪問看護師さん、ケアマネジャーさん、そして家族に感謝です。本当に本当にありがとうございます!
 新しい車椅子に新しい介護ベッド。そして、応援に来てくれた姉夫婦とささやかな退院祝いをしました。なお、父は家に帰って安心したせいか、帰宅早々にぐっすり寝ていました。

2021年1月11日(月) 14:54
峠を越えて

 PCR検査の結果は陰性でした。そして驚異的な回復を見せている父。とても瀕死の状態で運ばれてきた人とは思えません。もちろん、類まれな父の屈強な体力もありますが、救急搬送による迅速な医療体制と家族の協力体制の良さもあったと思います。訪問看護師さん、救急隊員の皆さん、病院のスタッフの皆さん、本当にありがとうございます。
 気がつけば、私も57歳の誕生日を過ぎていました。大正という『鬼滅の刃』の時代から、昭和、平成、令和と、4つの時代を生き続けている父。緊急事態宣言なんて、壮大な人生から比べればなんのその。私も父のような鉄人にならなければ。

2021年1月11日(月) 14:48
救急搬送

 このようなネガティブな話題を記事にすべきか・・・本当に迷いました。しかし、コロナ禍での高齢者との暮らしを、ありのままに伝えるのも、今だからこそ意義があると思い載せた次第です。
 1月5日に父が高熱で脱水症状となり、看護師さんとも相談して救急搬送という手段を選択しました。とはいえ、すでに病床が少ないことから、受け入れ先がなかなか見つからず、救急車のなかでかなりの時間を過ごしましたが、父も頑張ってくれて今は落ち着いております。昨夜は医療関係者の方々に大変お世話になりました。
 原因は詳しく診てもらわなければわかりませんが、この日の抗原検査では新型コロナは陰性でした。翌日にあらためてPCR検査を受けました。何より大事なことは、今健康でいる方々には、可能な限り感染予防に努めていただくことだと強く思います。

2020年12月27日(日) 11:51
クリスマス

 12月25日。父が持ち直しました。この回復は見事としか言いようがありません。さすが帝国陸軍兵士、サバイバルの生存者は屈強です☆ この日は泌尿器科を受診しました。尿路感染症と思われ、父には抗生物質が処方されています。私は仕事だったので、今日も姉が付き添ってくれました。本当に感謝です。
 病院の帰りには、前々から予約してあったハート柏迎賓館のクリスマス・オードブルを受け取ったそうです。私が帰宅するまで両親が待っていてくれました。ようやく家の中もクリスマスらしくなりました。まだ父は十分に食べられないので、もちろん写真はポーズだけですが。神様!父を元気にしてくれてありがとう☆


より新しい10件を見る | さらに古い10件を見る
全記事数:50件 5ページ中2ページ目

ホームページに戻る | お部屋から出る


記事の編集