かしわハート大使


2018年4月30日(月) 23:00
舞鶴引揚記念館・開館30周年

 父・木内信夫のイラスト作品が収めてある舞鶴引揚記念館は4月24日に開館30周年を迎えました。私たちもセレモニーに招かれ舞鶴に行きました。舞鶴の皆さまから大いに歓迎されました。舞鶴引揚記念館の収蔵品がユネスコ世界記憶遺産に登録されて2年半になります。寄贈させて頂いて本当に良かったと思っています。
 今、日本はGWの最中。行楽地は家族連れで賑わっていることでしょう。そんな平和な今では、かつての日本が戦争によって激しく荒廃していたことさえ想像できません。平和の尊さを知るうえでも抑留の歴史が語り継がれることを願うばかりです。
舞鶴引揚記念館・開館30周年記念セレモニー

2018年4月21日(土) 10:37
家族で食事を

 水曜日の夜、父の故郷でもある赤坂界隈で食事をしました。姉夫婦も来てくれました。私が小田原から戻るまで、みんな待っていてくれました。その夜は、両親はホテルニューオータニに宿泊し、私は門前仲町の姉の家にお世話になります。そんな訳で、明日は都内から小田原に出勤です。
 父は骨折し、母は帯状疱疹、そして私はギックリ腰と、なんともツイてなかった我々家族でしたが、こうして家族で食事できるのは、本当にありがたいことですね☆

2018年4月8日(日) 22:08
明日からまた頑張ろう!

 アイム・ア・ヒーロー!戦闘服はパジャマ。武器は腰痛ベルト。技は"安静"。便座から腰をあげるときも気合いと奇声をあげてます。という訳で、ギックリ腰になってしまいました(苦笑)
 かくして、ギックリ腰になるのはもう数え切れません。痛めるタイミングも無理な姿勢ではなく、ふとした瞬間に起こります。できれば休んだほうが良いのかもしれませんが、有給休暇もムダに使いたくないので、明日からまた頑張って行きたいと思います。

2018年4月1日(日) 21:10
初のグループ展に!

 私が所属している都内の社会人絵画サークルの“初の”ギャラリー展示が満を持して開催されます!!☆ 日曜日の今日は、その準備のため開場の飾りつけを行いました。小田原に転勤になってから、すっかり遠のいてしまっていますが、こうして今も迎え入れてくださることに感謝です。
 ちなみに、リンクの場所で4月3(火)〜28日(土)まで開催します。喫茶なのでご来場の際は飲み物or食事をご注文くださいね♪
ギャラリー茶房「椿」

2018年3月25日(日) 19:31
手作り科学館

 古民家空きアパートを利用した『手作り科学館 Exedra』を見学しました♪。東大の大学院生を中心とする柏の葉サイエンスエデュケーションラボ(KSEL)メンバーの皆さん自ら、空きアパートをDIYで科学館に改装したそうです。柏駅前の昭和の香り漂う街の路地裏にあるのですが、googleマップがないとたどりつけません(笑)
 案内して下さった院生スタッフの皆さん、なんて爽やかなのでしょう!☆ ちなみに、アパート(博物館)の2階からはトントン音が聴こえていたので、博物館を拡張しているのでしょうか。何より、子供たちにはもっと理科を好きになってほしいですね。資源の少ないニッポンは、アイデアこそが資源。子供たちをより良い未来に導いてあげるのも大人の仕事なのですから。

2018年3月18日(日) 21:40
今年度もあと少し

 週末は日比谷のTOHOシャンテシネマズで『シェイプ・オブ・ウォーター』を観てきました。なんとも不可思議な大人向けのメルヘンでした。映画館の目の前には、3月29日にオープンする「東京ミッドタウン日比谷」が着々と開業準備を進めていました。古い飲み屋と最先端のビルが入り混じる東京の街は、さながら映画のなかの未来世界のようです。
 ちなみに、先週金曜日は来年度の人事異動の内示がありました。私は小田原に留任です。また来月からも新幹線通勤で頑張りたいと思います。地方への単身赴任を考えれば、遠距離通勤は経済的にもラクなものです。ともあれ、今年度もあと少しなので頑張って行きましょう。

2018年3月12日(月) 20:58
遥か彼方のモスクワより

 ロシアのドキュメンタリー映画の撮影のため、柏の自宅にモスクワからのお客様をお迎えしました。父の体調を考慮して緊急来日してくださいました。おかげさまで、今日のロケは無事終了。夜は木内家御用達のイタリアンにお招きしてささやかな歓迎会を行いました♪
 何より、父に会うために遠いモスクワから24時間以上もかけて来てくださった皆さま。本当にお疲れ様でした。奇しくも今日は東日本大震災の日ですが、人々の絆こそが、平和な世界、明るい未来を築くのだと信じています。

2018年3月4日(日) 18:06
散々な日々・・・

 私が留守中だった先々週金曜日、父の白内障の手術は成功しました。すでに良く見えると喜んでいます。しかし同日に、母が帯状疱疹を発症、追い打ちをかけるように、父が転倒して足の指2本を骨折し、さらにその翌日に、母が持病の胸痛も発症して急患で慈恵医大病院へ。わが家はとんでもない災難にみまわれていたのでした。
 そんな私の留守中に、姉と甥っ子が大急ぎで駆けつけてくれたおかげで病院の面倒をみてもらうことができました。姉と甥っ子には本当に感謝です。何より、今回はすべて私の留守中の出来事だっただけに、今後がとても不安になります。今年はインフルエンザからはじまり、なんともツイてません・・・

2018年2月12日(月) 20:00
依頼仕事も無事終えて

 2月9日に依頼されていたシンポジウムの講師の仕事も無事に終えました。夜の懇親会では若い研究者たちからも沢山の質問が。なんだかエラくなったような勘違いをしそうでした♪(笑)何より、インフルエンザから完全復活できてホント良かったです・・・
 翌日の三連休の初日は、家族でインフルエンザの快気祝いです。私はともかく94歳の父が元気になってくれて本当に安心しました。幸い母は感染を免れていますが、冬が終わるまでは油断できません。何はともあれ、元気に美味しく食事できる幸せに感謝します☆

2018年2月4日(日) 23:07
私まで・・・

 父のインフルエンザが快方に向かう中、なんと私が感染してまいました。病院で診てもらったら、見事に感染という結果。そんな訳で、先週水曜日からずっと寝込んでおりました。なかなか改善しない己の体調に、焦りと苛立ちを感じていました。
 というのも、シンポジウムの講師を依頼されたのは昨年末。そして開催当日が2月9日に迫っています。聴講はタダではありません。皆さんお金を払って来るのです。もちろん、インフルエンザが簡単に治るものではないのは承知しています。しかし、一分一秒でも早く治して準備したい。悶々とした葛藤の日々を過ごしておりました。
 ともあれ、明日から出勤しますが、またしても大寒波・・・頑張るほかありません(苦笑)


より新しい10件を見る | さらに古い10件を見る
全記事数:50件 5ページ中3ページ目

ホームページに戻る | お部屋から出る


記事の編集