かしわハート大使


2017年4月12日(水) 22:09
北柏駅の枝垂桜

 今年は例年より気温が低かったせいか、桜を長く楽しめているようです。そもそも開花もここ数年と比べて遅かったですね。おそらく、あけぼの山公園も今がピークかもしれません。ともあれ、桜の季節は1年で最も心躍る季節です☆
 ところで、最寄り駅は北柏駅なのですが、北口利用者なので今までまったく気づきませんでした。南口にこんなきれいな枝垂桜があったとは!これから見ごろになるのか?それとも過ぎてしまったのか?・・・ともあれ、夜間照明で色鮮やかに照らされていい感じです。まだまだ知らない隠れた名所?がありそうですね♪

2017年4月5日(水) 20:54
地元での食事会

 先日の日曜日は、地元柏の素敵な女性たちと食事会。当初はお花見の予定でしたが、開花状況はいまひとつだったので、お洒落なレストランでの食事会となりました。本当に楽しい宴となりました☆・・・というか、こんなに女性たちにもてはやされてしまって良いのだろうか???(苦笑)
 さて、新年度となり“超高額”通勤定期券も継続購入しました。私にとって2年目の遠距離通勤が始まりました。小田原への通勤は過去2度ありましたが、おそらく今回が最も長く在籍することになるかもしれません。気合を入れて頑張って行こう!

2017年3月27日(月) 21:12
エスカレーター工事

 この3月で柏に移住して32年になります。すでに人生の半分以上を柏で過ごした私にとっては、ここ柏がふるさとに感じています。そして、いよいよ利用駅であもる北柏駅北口に、ようやくエスカレーターが設置されることになりました。駅周辺は再開発が予定されているので、数年後には街の姿も変わっているかもしれません。
 そんな北柏の周辺も、桜の季節を迎えようとしています。新年度も往復5時間の遠距離通勤が続きますが、頑張って行こうと思います。

2017年3月20日(月) 19:12
巡回展

 三連休は特に何かするわけでもなく、ダラダラと過ごしていました。何より良く睡眠とったことから、遠距離通勤で溜まった1年分の疲れがいっきに出たのかもしれません。
 その一方で、長崎県佐世保市では『舞鶴引揚記念館全国巡回展 in 佐世保』が始まりました。佐世保市博物館島瀬美術センターで26日まで開催されるそうです。舞鶴引揚記念館の山下館長の撮って下さった写真で、父・木内信夫の絵が20枚も展示されているのがわかりました。本当にありがとうございます。
 佐世保は、第二次大戦が終わった1945年から1950年まで引き揚げ者を迎え入れる港でした。その佐世保で巡回展が行われるのは素晴らしいことですね。そして世界史の資料としてお役に立たてられるのを大変嬉しく思います☆
舞鶴引揚記念館特別巡回展が開幕!/島瀬美術センター・ブログより

2017年3月11日(土) 20:09
オトナの階段?

 人間ドックで目の異常を指摘され、さらに風邪もひいていたこともあって、今日は休暇を頂き眼科を受診しました。前々から緑内障の疑いがあったのですが、今日の受診では、それ以上に白内障のほうがかなり進んでいるとか・・・ガックリ・・・
 で、その2日後は長引く風邪に対処するため、内科クリニックに行きました。風邪薬に加えて、毎日飲んでる蓄膿症の薬、そして新たに白内障の目薬が仲間入りしました。ついでに、季節ものとして花粉症目薬もあります。
 そんな訳で、「♪オトナの階段の〜ぼる〜」と、ワタクシ、着実に大人(老い?)の階段を登っているのを実感しています(苦笑)

2017年2月26日(日) 20:33
希望の未来に

 「お部屋」の更新を2週間滞っていたら、あまりに出来事が多すぎてどこから書いたらわからなくなってしまいましたが(苦笑)、やはり本日千秋楽を迎えた音楽劇『君よ生きて』についてでしょうか。
 2014年に新宿の小さなスタジオ・ホールの初演から始まった音楽劇は、ついに銀河劇場という大きなステージで開催されました。多くの方々の思いが伝わって本当に嬉しいですね。望月龍平さんをはじめ関係者の皆さま、本当に本当にお疲れ様でした。
 日曜日の今日は、音楽劇『君よ生きて』の監督・演出の望月龍平さんのご紹介で、雑誌『道』の取材がありました。久しぶりの雑誌取材です。戦争・抑留・引き揚げという重い内容でのインタビューでしたが、終始笑いの絶えない楽しい取材となりました♪ 後日発行される記事にも、今日の取材のような明るくポジティブなメッセージが掲載されると嬉しいです。先人たちが夢見た明るい希望の未来にしたいですね☆
音楽劇「君よ 生きて」東京公演・銀河劇場

2017年2月12日(日) 21:26
建国記念の日

 今年の『建国記念の日』は土曜日ということで、サラリーマンとしては残念な祝日となりました。建て替え中の東京オリンピック・メインスタジアムのすぐ脇に“建国記念文庫”があります。「2月11日を建国記念日にしたい」という数十万通に及ぶ希望・意見書を半永久的に保管するため、昭和41年12月9日に建てたそうです。
 『建国記念の日』に関しては様々な意見があります。しかし、本当の意味で今の“平和な日本国”を建国したのは、先の戦争で生き残り、焼土から復興に尽力した人々なのです。そんな先人たちに感謝する日でありたいものです。そんな『建国記念の日』に、音楽劇『君よ 生きて』の稽古場にお邪魔しました。シベリア抑留と引き上げをテーマにしたこのお芝居を演じるのは若い役者さんたち。抑留生存者である父は若い役者さんたちに当時の思いを語りました。未来のニッポンを建国する若い世代に幸あれと願いながら☆
音楽劇「君よ 生きて」稽古場訪問

2017年2月5日(日) 20:40
珍楽器

 家の配管工事を機に大幅な荷物整理をしているところですが、部屋の奥からは様々な“珍”楽器が発掘?されます(苦笑)。写真はコンサーティーナ(concertina)と呼ばれる西洋の楽器。アコーディオンやバンドネオンと同じく蛇腹から空気を送って奏でます。ちなみにドイツ製で、おそらく日本国内ではメンテできないと思われます。よって、今後は油絵のモチーフに使いたいと思います(笑)
 ともあれ、今回の工事では大量の不要物が出ました。こうした工事のタイミングでないと捨てられないので、ある意味で重要な期間でしたね。そんなこんなで片付けも着々と進み、粗大ごみとなった家具3点を残してほぼ終わりでしょうか。あ!キッチンの修理がまだでした(苦笑)

2017年1月22日(日) 7:49
家の配管工事

 トランプ新大統領の誕生が世間を賑わしていますが、我が家ではマンション専有部分の配管工事でてんやわんやの日々となっております。32年目にして初めてみた床下の配管。やはり金属部分はかなり錆びていました。費用は高くつきましたが、このタイミングでの改修工事の判断は正しかったと思います。足の悪い父にはトイレに行くのも不便でかわいそうですが、しばらくの辛抱です。改修工事が終わったら、今後家の中で父が転ばないように各所に手すりを設ける予定です。
 さて、そんな配管工事では様々なものが発掘?されます。壁に穴をあけるので荷物をどかしたら大昔に描いた絵も出てきました。たまにこうした大がかりな工事も家の荷物を整理できる良いきっかけになりますね。
『父の仕事場』1983年作品・油絵30号

2017年1月15日(日) 22:33
部屋の片付け

 今週は自宅マンション専有部分の配管工事につき、ただ今部屋を大掛かりに片付け中です。これほど大掛かりな片付けをしたのは部屋を改装して以来なので、いろんなお宝(?)が出てきます(笑)。30年以上も前に買った名器ヤマハDX7や、コルグDELTAなどなど、いったい何台キーボードがあるのか・・・弾けもしないのに(苦笑)
 ともあれ、今回の配管工事は老朽化した設備の大事な補修です。工事費用でボーナスが吹っ飛んでしまいましたが、しっかり補修してこれからも長く住み続けたいと思います。


さらに古い10件を見る
全記事数:49件 5ページ中1ページ目

ホームページに戻る | お部屋から出る


記事の編集